私生活

中古ハイエースの恐るべき実態!?「新型ハイエース200系の仕様変更」

ハイエース

こんにちは、ワイドルフ(@yd59ktn)です。

といういことで3年に一回の新車の納車が本日終わりました。

この仕事を始めて3代目のハイエースになります。

長年変更のなかったハイエースも仕様変更のうわさがあり、ガラッと形が変わるうわさもありますが、見た目はほとんど変わっていなくて安心しました。中古ハイエースの恐るべき実態も明らかに!

ざっくりいうと

中古のハイエースは買い取られたままの状態で海外へ売り飛ばされます。
新型ハイエースは標準装備で安全装備が付いています。

ディーラーさんとの話

そういやモデルチェンジのニュースがありましたが?

モデルチェンジはまだ先だが、法律改正でノーズ(運転席より前)を出さないといけなくなった。(事故したときのクッション用)

そのため大きさは変えず荷台を狭くするしかなくなる。

ハイエースの特徴である荷台スペースが狭くなるし、かっこ悪くなる。

売れなくなるのではないか?

今回のモデルで使用変更があった部分は?

昨年の12月納車分くらいからレーダーでのブレーキ機能や斜線はみ出しアラームなどがつきました。

引き取りになる20万キロ超えの車はどこへ?

程度が良ければ国内で中古車として売られます。

悪ければ東南アジアや中東に売られます。

向こうは外は気にしていなく部品だけでも使うから。

だと!?

でもハイエースって会社の車も多くステッカーやペイントもしているんじゃ?

国内ならはがして再販します。

でも海外ならそのまま・・・

ということで、皆さんの社用車も紛争地域で使われていてニュースで移ることもあるかも知れないですね

実際に変わった部分

「Toyota Safety Sense P」(トヨタセーフティセンスP)が標準装備に

プリクラッシュセーフティシステム(自動ブレーキ)


カメラとレーダーで車両だけでなく歩行者も検知して警告とブレーキアシストを行ない衝突の回避や被害を軽減します。

 

見づらいですが、ここのカメラで動きを感知して。

ハイエース2

ここににはセンサーがあります。

ハイエース

ここのボタンで感度の調節が3段階で出来ます。

ハイエース6

オートマチックハイビーム(自動ハイビーム)


ヘッドライトの上下の向きを自動で切り替えて、暗い場所での歩行者を見つけやすくします。
ハイエース4

試していないのでなんとも。自動でほんまになるんかいな?

高速移動が多いのでありがたいが、対向車からパッシングされることがおおくなりそう。。。

レーンディパーチャーアラート(車線はみ出しアラート)


車線をはみ出した時にブザーとディスプレイで警告します。

ハイエース5

ハンドルにボタンがあり、押すとメーターの下の画面が反応。

ハイエース7

画面は走行距離や平均燃費などに切り替えが出来ます。

イオンの駐車場で試しましたが、反応はよし!ひょっこりはみ出しはんが少なくなりそうです。

盗難防止オートアラームが標準装備に

今まではオプションだったらしいですが、盗難が多いため全社標準装備に。

ハイエース3

納車時に電子キーを2ついただきました。

電子キーでロックをかけた場合は電子キー以外のもの(鍵も含む)で空けた場合エンジンがかからないようになるようです。

しかもクラクションが鳴りまくる。

こればっかりは試せなかったため、3年後の入れ替えまで作動しないことを祈ります。

衝突回避システムは日産のキャラバンにはすでに搭載されていたようです。トヨタさんやること遅いよ。

前よりも少しは快適に仕事がはかどりそうです。またいろんなところに連れて行ってな!!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です