もやもや病

10回目の手術はまたもやイーダス(間接吻合術)|もやもや病の子どものこと9

こんばんわワイドルフです

もやもや病の次男ですが、無事10回目の手術を終えました。

後ろの血管のイーダスと呼ばれる間接吻合術です。

もう10回も頭を切っており、ツギハギだらけの頭を見て涙が、、また傷が増えました。

生きていてくれるからそれで良いけど。

手術のレベルは簡単らしいのですが、リスクはゼロではないです。

  • 手術中の脳梗塞のリスク
  • 輸血が必要になって感染のリスク
  • 術後の感染症のリスク

まだありますが、

この様なリスクを乗り越えて、ひとまず無事に帰ってきてくれて、ホッとしております。

手術中はPHSを渡されて手術が終わるまでは病室を出て待機しています。どんなふうに行われているのかがわからないので気が気でない約5時間を過ごします。少しでも時間が過ぎたら「なんかあったのかな」って不安になる。

術後の熱が長引くと、体力も削られるので免疫も無くなり、感染のリスクが高くなります。なんとか乗り越えて退院してほしい。

あと1週間頑張れ!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です