私生活

風邪のひきはじめに対処できることは?インストラクターがお勧めする食事や生活リズについて

風邪

こんばんは、インチキラクターのワイドルフ(@yd59ktn)です。

カニ
カニ

風邪を引いたかも?

医者に行かずに治す方法は?

早く治して競技(仕事)に復帰したい!

なかなか治らない風邪に苦しんだことはないでしょうか。そんな方に読んでもらいたいです。

この記事を読んでわかる事

  • 風邪を早く治す食事とは?
  • 風邪を早く治す行動とは?
  • 風邪に効果のあるサプリメントを知りたい。

 

ざっくりいうと

風邪はくすりでは治らない。休養と栄養補給をしっかりとること!

風邪とは

風邪とははっきり原因が分かっておらず、また効く薬が無い事はご存知ですか?単なる軽いウイルス感染にすぎません。

病院に行ったら薬を処方されますが、それらは熱冷ましや漢方薬など辛い症状を和らげるものです。薬を飲んだところで熱が引いたり喉の腫れを抑えたり症状が無くなった様に思えても根本的な完治にならないどころか逆に治るまでの時間が遅くなるだけです。

風邪に効く根本的な薬はないので、処方してもらう薬も対処療法に過ぎないのです。

風邪のひきはじめの症状は?

もやもや

ひきはじめには熱が出たり、喉がイガイガしたり、痰が詰まったり、頭が痛くなったり、鼻が詰まったりと様々な症状が出ます。時間が経つとそれぞれの症状が複合的に重なって身体的にしんどくなってきます。その症状は人それそれ違い、特定の症状から始まる風邪も多いようです。

熱が出るという事は、入った菌をやっつけるために身体が闘っている証拠です。なるべくなら早く治すために食生活に気をつけて身体の免疫力を高めて早期完治を目指したいところです。

医療従事者では無いので、単語や言葉に誤りがあるかもしれませんがご了承下さい。

私はスポーツトレーナーとして過去10年以上現場に携わってきています。そんな経験と知識に基づいて、薬を使わずに身体の免疫力をアップさせる事で少しでも早く風邪の症状を緩和させて現場復帰させる方法をご紹介いたします。

ひきはじめの風邪への対処療法

できることから始めていきましょう。いくつかを実践するだけで回復のスピードが速くなるはずです。もちろん個人差はありますが。

食事編

野菜

なるべく栄養のあるものを採る。栄養のあるものって何?ってことですが、ウイルスと戦うエネルギーになる炭水化物、消化器官や筋肉の材料になるタンパク質、それからビタミンやミネラルなどの体を調整するものを多めに採ることです。

特に注意したいのは、弱っている消化器官を少しでも元気にして、消化・吸収能力を高めること。免疫力をアップさせたいですね。免疫力は腸が要、それには内臓を酷使させないようになるべく消化の良いものを心がけましょう。間違っても二郎系ラーメンなどは不可。

サプリ編

ビタミンを摂取する

ビタミンB群

ビタミンB群血中に取り込んだ糖質・脂質・タンパク質を代謝させるための補助を行います。せっかく栄養があるものを食べても吸収してエネルギーに変えられないと勿体無いですよね。ビタミンBを多めに取る事で菌と闘うための熱を発生させる糖質を目一杯吸収出来るようにします。

私はDHCのビタミンB群サプリを朝と晩に5個づつ飲みます。

特にビタミンB1は糖質の代謝に大きく関わっており、摂取することで疲労感が大幅に軽減されます。多く含まれているのは豚肉、その他レバーや豆類です。

にんにく注射をすれば一瞬にして元気になりますが、そのメイン成分はビタミンB1(アリナミン)です。

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンを生成して、タンパク質の合成に関わる重要な栄養素です。タンパク質は肌や筋肉だけではなく内臓などの消化器官の元になっています。

その他抗酸化作用もあるためにがんや動脈硬化の予防や老化防止にもなります。

私はビタミンCサプリを朝と晩に1000mgづつ飲みます。

食品で多いのは果物でみかん、いちご。野菜だと色のついているピーマンやブロッコリー、ほうれん草が多く含まれています。レモンは意外と多くないんですよね。

ビタミンBCについては水溶性のため取りすぎによる過剰症の心配は無いです。

ビフィズス菌と乳酸菌

免疫力を上げる成分といえば整腸作用のあるビフィズス菌や乳酸菌です。腸内には1000種類以上もの細菌がいますが、全てを摂取するのは不可能です。だからこそいろんな食材を食べたいところなのですが。

多く含まれている食材はキムチ、納豆、ヨーグルトなどです。

こんな時こそサプリにお世話になりましょう。オススメはビフィズス菌が入ったサプリです。寝る前に摂取する事で免疫力を高めます。

行動編

ベッド

日中はなるべく動かなくていいときは動かない。無駄に動く事でウイルスをやっつけるためのエネルギーを他の事に使わないように気をつけます。

「会社も休めたら休みましょう」とは言っても休めない人は多いですよね、私もその一人。なのでできるところからしていきましょう。

睡眠編

まずは熟睡できる環境を整えて、身体を休ませることが大切です。

寝る前には熟睡できるように一度風呂に入って体温を上げてから2時間後に布団に入るようにします。約2時間後には自然に体温が下がってくるのでそのタイミングで寝る事でスムーズに睡眠に入る事が出来ます。

他には加湿器をつけて部屋の湿度を50%以上に保つようにします。こうする事でウイルスの活動を抑えます。

また寝るときにはマスクを着けて喉が乾かないように注意します。マスクにはハッカ油を1滴だけ垂らすと気持ち良い香りをアロマ変わりにしながら寝れます。12時間は持つので、起きてからも同じものを作ってマスクをして身体を休ませます。

番外編

栄養ドリンク

栄養ドリンクには様々な栄養素が含まれておりますが食事から摂れるのが殆どです。安いものから高いものまでありますが、効果不明のものも多いです。ですが飲む事で元気になった気がしますよね?プラセボ効果の意味でも余裕があれば飲むのもアリだと思います。

プラセボ効果の説明

お勧めはアリナミン7です。アリナミンとはビタミンB1の事です。ここまで読んでいただければもうお分かりですよね?

これは治す事を完全に保証するものではありません。あくまでも知識と経験に基づいたもので、エビデンスを示せない内容もざっくりとまとめています。熱が長引いた場合は必ず病院に行って処置を受けて下さい。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です