私生活

新社会人にむけて!知らないと損をする3つの会社の制度とは?

ビジネス

新社会人が働き出してしばらく経ちました。研修なども終わって本業務に入ってきた頃でしょうか?慣れてきた頃ではないでしょうか。また上司に怒られたりしてやる気が無くなっている人もいると思います。最近では5月病じゃなく6月病ともいえるみたいですね。

インターメスティック(東京)の最新調査では、研修から本格業務に移行するタイミングと重なり、体調不良を訴える人が「6月」に相次ぐという結果に。*産経新聞

ですが社会人になって会社で働き始めたは良いものの給料だけでは今後の生活や老後が心配ではないでしょうか?結婚した時、子供ができた時、入院した時、親族が亡くなった時などと急にお金が必要になるケースもあります。

そんな時は貯金をするのも一つですが、今後の人生を精神的に豊かにするためにはうまく投資をして資産運用をする事が大切です。また少しでも支出を減らすために活用するべき制度や方法も世の中にはたくさんあります。

ポイントをたくさんゲットしてマイルにする方法や、少しの手間でキャッシュバックを多くもらう方法、スキマの時間で賢く副業する方法、出張で少し得をする方法など世の中には知っておいた方が良い事がたくさんあります。

出張でビジネスホテルをお得に予約する方法!こんにちはワイドルフです。 私は年間100泊以上ビジネスホテルに滞在します。 予約すて泊まるときにどうすれば少しでもお得に泊...

今回は一般的な株式会社にある3つの制度をご紹介します。知っているのと知らないのとでは今後の会社員生活に大きな差が出ますよ!

ざっくりいうと

会社には知らないと損をする制度があります。自分の会社の制度を良く理解して使えるものは使いましょう!

知らないと損をする会社の制度とは

財形貯蓄

貯蓄財形2

財形貯蓄とは年金や住宅を購入するための資金を無駄なく貯めるための制度です。会社によっても違いますが、月々の支払いを決めて給料から天引きで保険会社に払込む事で貯蓄をしていくものです。

貯蓄ですが給料から毎月支払いされていくために、知らない間に自動的に貯まっていきます。貯金が苦手な人は是非とも活用してほしい制度です。

利用目的によって3つの財形貯蓄があり、その目的によって一般財形貯蓄、住宅財形貯蓄、年金財形貯蓄に分けられます。

実際に私は、入社してから10年近く続けてきたものを解約しました。その運用利益はこちらからご覧下さい

財形貯蓄
10年貯めてきた会社の財形貯蓄を解約してみた!果たしていくらのプラスになったのか? こんばんわ、ワイドルフ(@yd59ktn)です。 私は2009年に今の会社に入社してから会社の福利厚生である財形貯蓄をはじめました...

元本保証で貯蓄できるメリットがありますが、金利が低いために利益にはあまり期待できない事と引き出すのに時間がかかる事がデメリットです。

持株会制度

証券会社

社員持株会という組織に入って自社の株を共同で購入できる福利厚生の一つです。経営側である役員は購入できません。

また未上場でも制度がある会社もあります。上々の際に大きく株価が上がる可能性もあるので余剰資金で積立するのも良いのではないでしょうか。

従業員持株会の仕組み

ほとんどの持株会が毎月積立で2%〜10%の奨励金を上乗せした状態で自社の持ち株を購入できます。10%の奨励金の場合は10,000円の購入で1000円の上乗せがあるため、毎月11,000円を運用していくことになります。この時点で1000円の利益が出ている事になります!

また持株会は毎月一定の金額でその時の株価で購入します。

例えば毎月1000円を買うとして、株価が100円の時には10株の購入になります。株価が200円に上がった時は5株の購入に、株価が50円の時には20株の購入となります。株価は上下して高くなるか安くなるかは分かりませんがこうして平均取得単価を下げて購入する事で平均すると安く買う事ができます。

このような買い方をドルコスト平均法と言います。

さらに株式なので配当金も出ます、配当金は1株あたり◯円という形で還元される事になります。持株会を継続していく事で毎月保有株数が増えていくので、配当が出る事で利益が出ます。

私の会社の場合は配当金は出るのですが、そのまま持株の購入へと流れます。

デメリットは株なので、大きく株価が下がった時に資産が目減りしてしまう事、売る時には素早く売れない事、また株主優待がもらえない事です。

福利厚生

自社の商品を安く購入できる

メーカーや商社の場合は様々な商品をとりある買っていると思います。特に自社で製造までしている場合は原価に近い金額で商品を購入できる事もあるようです。

自己啓発の一環で資格取得のための資金を出してくれる

業務に必要な資格は会社の経費で取得する事になりますが、直接関係なくても自己啓発のために資格を取得する場合は資格取得手当が出る可能性があります。

会社が指定する特定の資格を保有していれば給与がアップする事もあります。職種によっても違いますが、例えば営業の場合だと販売士の資格保有で数千円のアップがあったりします。

ホテルなどのリゾート施設を安く使用できる

エクシブ(XIV)や東急ハーベストなどのゴルフ場などのリゾート施設を従業員だけでなくその家族も利用する事ができます。友人とでも利用できるので、既婚者だけでなく独身でも活用できる制度です。

その他知らないと損をする会社の制度

他にも知らないと損をする制度はたくさんあります。自分の会社の規則を良く読みましょう!休暇や手当なども申請をしないと貰えないものがあるはずです。

私の会社にも新婚旅行の為の結婚休暇が5日間あったり、出張の際に出張手当が出たりします。いずれもこちらから申請しないと貰えないものです。先輩社員でも知らない人が多くいました。

これらの福利厚生は会社によって在るものと無いものが存在します。

新社会人にむけて

今後の人生をより良く豊かにしていくためにはこういった制度の活用が大事です。特に財形や持株は、貯金には自信がない人投資について深く考える事が苦手な人にオススメの制度です。収入から少しずつ、無理なく貯蓄をして今後のライフイベントに備えましょう!

また、会社規則を良く読んで会社の制度を無駄なく使い倒しましょう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です