未分類

サラリーマンが出張で得する方法とは?グレーな部分も紹介します!

出張マン

こんばんはワイドルフ(@yd59ktn)です。

私は良くいるサラリーマンで、全国を営業で出張しながらたび歩いております。年間泊まるホテルは100以上、ポイントやマイルは20万以上貯めております。

ポイント残高

今回紹介する様々な方法は私が実際に実践しているものもあれば、知っているけどしていないものもあります。ですが知っておく事で出張をよりお得に楽しく行けるようになるので、知識として知っておいてください。

ざっくりいうと
  • ホテルの予約でポイントゲット
  • 飛行機を使ってマイルをゲット
  • キャンペーンを活用してキャッシュバックゲット

ホテルの予約でポイントゲット

会社員

ビジネスホテルの予約サイトといえば楽天トラベル・じゃらん・ヤフートラベルなどが有名ですね。これらを活用して出張時のホテルを探していきましょう。

探す時のポイントは、まず場所・金額それからプランです。金額は会社によって規定の範囲があるのでその中から探すようにしましょう。規定金額ギリギリで泊まれる人気のホテルに泊まる方法もあれば、少し安く設定して「朝食付きプラン」「お土産付きプラン」「高級ベッド使用プラン」「温泉付きプラン」などを探しすのも楽しいです。朝食付きプランなどはマストですね。

一番大事なのは予約サイトを限定してなるべく一つに絞る事です。予約サイトそれぞれにポイントが付きますので、どうせ泊まるなら数%ですがポイントはゲットしておきましょう。

ホテル独自のサービスで「10回泊まれば1泊無料!」とか「5回泊まれば1000円キャッシュバック」といったところもあります。

出張でビジネスホテルをお得に予約する方法!こんにちはワイドルフです。 私は年間100泊以上ビジネスホテルに滞在します。 予約すて泊まるときにどうすれば少しでもお得に泊...

ポイントや現金をゲットする

キャッシュバック

また上のホテルの予約の際に「クオカード付きプラン」「ポイント10%プラン」といった大変お得なプランもあります。

カプセルホテルなどでは3,000〜4,000円で泊まれるところがほとんどですが、◯,000円のクオカードがついたプランも多くありますので宿泊金額の限度額に合わせたものを選べます。

また自分のカードで決済できる場合はどんどんカードを使っていきましょう!カードを使う事でカード会社のポイントがどんどん貯まります。しかも使った金額はそのまま会社で精算して帰ってきますので丸々自分のものになります。

マイルを貯める

空港

飛行機での出張に限定されますが、飛行機に乗る事で航空会社のマイルを貯めることができます。マイルが貯まったらそのマイルで航空券を取得することができるので、ただで旅行に行けちゃいます。

その他にも飛行機に乗らずしてマイルを貯める方法もあり、私はそれで50万マイル以上も貯めることができました。

キャンペーンを利用する

コンビニなどの買い物やスーパーでの日用品などに使えるクーポンやサービスをネットから情報収集して活用しております。

今アプリのタイムバンクではQUOカードの500円分が半額の250円で購入することができます。

アプリ内で招待コードBIiVPO」をコピーして使用してください。招待コードを使用することで600円の残高がもらえます。

また2019年6月だとドラッグストアでPayPay使用金額の10%以上が戻ってくるキャンペーンも行われています。

PayPayキャンペーン PayPayキャンペーン2

こういったキャンペーンはコロコロ変わっていくものなので、ツイッター(@yd59ktn)やインスタなどで常に情報収集をすることも大切です。

食事はスーパーを利用する

食事

出張の場合はどうしても外食が多くなりますので出費がかさみます。

仕事先の人と一緒の場合や同僚がいる場合はご当地ものを食べたり呑みにいったりして楽しむのも一つですが、一人の場合はなるべく安く済ませたいものです。

スーパーでは安く総菜や弁当が購入できますし、時間によっては半額なったりするのでかなり安く済ませられます。お酒もスーパーで買うと安いので一人でも外食と同じ金額で贅沢な食事をする事ができます。

法律的にはどうなの?

警察無線

様々な方法を紹介してきましたが、これって法律的にどうなのと思いませんか?

事前に会社などから出張費用を立て替えてもらっていた場合、その金額で飛行機に乗ったり物を購入したりしてポイントやマイルがついた場合は、会社などのお金を使って付与されたポイントなので原則的には会社に帰属します。法的には「法的果実」と言います。

しかし自分のお金やカードなどを使って立て替えて、あとで会社に請求した場合にはマイルやポイントは自分に帰属するので「横領」にはなりません。

ただ、会社などの規定でポイントやマイルを使わないように、や使用しないようにとルールを定めている場合には「就業規則違反」となり、懲戒処分などの処分が下されることもあります。

クオカードについては、ポイントではなく物にあたるので横領に該当してしまうケースもあるようなのでご注意ください。

まとめ

私は、クオカードなどやポイントなどに関しては出張時に余分にかかる経費として個人的に使用しています。経費で精算したいけれど出来ないものって意外と多いですよね?

したくもない取引先との食事会で余分に払わされる。接待ゴルフがあるが全額自腹。会社の規定内の金額のホテルがない。と言った場合にこういった物を充てるようにしています。

いずれにしろ、グレーな判断ですし、個人のモラルの問題なので周りに言ったり、わざわざ相談したりしないほうが良さそうですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です